125キロを95キロに落とした話

ちょうど1年前ですが、体重が自分史上過去最大の重さになりまして、ダイエットを決意したのですが、その最大体重というのが125キロでした。100キロを超えたときも随分太ったと思いショックでしたが、その時はアメリカンフットボールをやっていたので、特に問題とは思わなかったんですが、今やただのサラリーマンですので、さすがにまずいと思い、1年間結構真剣に頑張りました。

いくとかの事に並行で取り組んだんですが、1つ目はカロリー制限です。
これが一番辛かったですが、一番効果があったようなので、最初に書くんですが、1日1800キロカロリーと決めて、そのカロリーに合わせてメニューを組んでいくのですが、今まで無制限で食べてましたので、食生活改善かなりきつかったです。

なんかうさぎになった気分になるくらいキャベツ食べてましたし、一時期は本当に主食キャベツの千切りみたいな生活でしたので、今考えてもちょっと嫌です。さすがに今は自分の自炊能力も向上しましたので、多少マシな食事になってますが、多少口が寂しいことはあります。

2番目1日30分の有酸素運動で、これは朝の散歩で対応しました。これも辛かったんですが、逆に朝辛かったら、夜か仕事中に歩けば良いくらいに思っていたので、1日30分、毎日という感じで結構ちゃんと継続できました。

最後が筋トレ実施で基礎代謝アップだったのですが、これは元々アメフトやっていたこともあってすんなりとできました。

よく、脂肪吸引でもしたの?と言われるのですが、そうではありません。
そういう感じの3つの取り組みでダイエットに励んで今95キロです。

ダイエットいつやるか。今しかない

いつのまにか太ってしまっていた。
気が付けば昔着れていた服が着れなくなった。
決定的な一打は、気になっている異性に、「最近ちょっと太った?」
デリカシーのない言葉だなー。クソーと思いながらも内心かなりショックは大きいです。

体質の違いはあれども、食べ物の影響で、大きくなる事はできても、
一度大きくなった身体をもとに戻すことは中々できる事ではありません。

いざやろうと決めてやってみても、三日坊主で終わってしまったり、
中々長続きはしません。

子供のころに、急激に食欲が増した事がありました。
成長期といえば成長期ですが、明らかに不健康な体重の増加でした。
一日の食事は、ご飯は大盛り、夜9時以降の食事、飲み物は常に牛乳かジュース、間食等、
基本的な太るための方程式が出来上がったいました。
この食事の流れというのは、食事が好きな方ならわかると思いますが、とんでもない快感を得られるのです。
しかし、一度はまってしまうと、中々抜けることができません。

夏休みに入り、これではまずいと思い減量を開始しました。

まず、生活習慣、朝早く起きて近所をランニング、そして一人バスケット、
汗がどれだけでようとも、水分補給は水かお茶です。
空腹で帰宅しても、お米は普通盛りの半分くらいで、間食はなし。
夜は、又近くをランニング、階段を踏み台昇降のように何度も繰り返す。
夜食も当然禁止です。

毎日かならず必要なのは、体重計にのることです。
運動しているにもかかわらず、中々減らない時があります。

しかし、継続した結果、夏休み1ヶ月で、10キロは減りました。

酵素液(置き換えダイエット)の色々な飲み方

置き換えダイエットで注目されている酵素ドリンク(または酵素液)。
色々な種類の酵素ドリンクが発売されてますが、シェイクやフルーチェ状の置き換えダイエット食に比べると腹もちがちょっと。。っていう意見もチラホラ。

確かにドリンクタイプなので、噛むことがもできないし。
ゴクゴク飲んじゃったら、おしまいですもんね。

あっという間すぎて、すぐにお腹がすいてしまって、ついついパンを食べてしまいそうな予感。
特に何も考えずに暴飲暴食をしちゃう、私は危険です(汗)

でね、少しでも腹もちが良くなる飲み方はないかなぁ~?って調べてみまたら、ありました!ありました!!
いろいろな方法で酵素ドリンクを使った置き換えダイエットを楽しみながらやっている方が、たくさんいらっしゃいましたよ。

腹もちを良くする方法として、断トツ1位だったのが、「カロリー0」の炭酸水で割って飲む。
確かに!
これは、納得ですよね。
炭酸系の飲み物を飲むと、お腹がパンパンになって食べ物が入らなかったりしますもんね。
なるほど~。
それと、同じ原理ってことですね。
シュワシュワ感もあるから、味に飽きてきたときなんかに使ってみるといいかもしれないですね。
そして、意外だったのがヨーグルトと混ぜる方法。
糖質ゼロ、カロリーゼロのヨーグルトに酵素ドリンクを混ぜちゃう。
商品によっては、1回量が様々だと思うので、そこは調節してくださいね。
ヨーグルトに混ぜることによって、咀嚼するっていう行為が出てくるから、自然と腹もちにも繋がるってことらしいです。
朝ごはんの代わりに、酵素液が入ってるヨーグルトを食べるっていうのもいいでうよね。
これだと、朝ごはんを食べた~っていう感じがするからお昼まで満腹感をしっかりと得られるみたいですよ。

置き換えダイエットは、空腹感との戦いだっていう方もいますが、工夫しだいで楽しく痩せられるし美しさも手に入れることができます。
その方が、リバウンドにも繋がらないし。

どうやったら楽しく痩せられるかを考えながら、置き換えダイエットに挑戦するのも毎日に新たな刺激が加わって楽しいかもしれませんよ。

無糖コーヒーで脂肪を燃焼しやすくしよう

ダイエットをする時に大切なのが、「脂肪を燃焼させる」ということです。
脂肪は、普段の食生活の中でエネルギーをとりすぎたためにそのエネルギーが脂肪となってしまうことが原因です。
普段、激しい運動をなどをしている方は、消費エネルギーも多いため、太ることはありませんが、消費エネルギーも少なく、なおかつ摂取エネルギーが多いとどうしても太ってしまいます。

そこでオススメなのが、無糖コーヒーダイエットです。
無糖コーヒーには脂肪を燃焼しやすくする効果があります。
運動をする30分前にコーヒーを飲みます。
この時に、砂糖は絶対にいれてはいけません。
砂糖をいれてしまうと、いくら運動をしても砂糖の分のエネルギーしか消費出来ないため意味がありません。
運動をしてダイエットをしたいといった方は、30分前にコーヒーを飲むと、脂肪が燃焼しやすく、ダイエットをスムーズに進めることが出来ます。

ダイエットはいろいろありますが、体重を落とすだけなら絶食ダイエットです。
体調管理ができる人ならおすすめですが、ちょっとでも自分を甘やかしてしまう人にはおすすめできません。

なぜなら、絶食後はゆっくり食事を元に戻すのですが、戻った後の食べる量が物足りなく感じて、ダイエット前よりも食べるようになって、結果的にリバウンドしてしまったこともあったからです。
急激に痩せることを考えずに、年単位でゆっくり体重を落としたり理想とする体型にすることを考えた方が良いです。
もずく酢やおくらなどの安価で健康的な食べ物を毎日食べるようにして、しっかり歩くようにするだけでお腹と足が引き締まりました。
もし冷え性なら運動などを取り入れても良いですね。
筋トレやストレッチを毎日寝る前にすると、体の中の巡りが良くなって冷え性が改善して消化もよくなりますよ。